メル友から始める彼女の作り方

意中の人のメールアドレスの入手が見事叶ったという時には、なるべく直ぐに第一のメールを送るようにしましょう。

彼女と別れてから、初めてのメールまでの時間が開いてしまえばしまうほど、何気なさを装ってメールをするハードルが上がることになりますので、行動あるのみです。

 

初めてのメールの文面は、メールが無事届いたかどうかの確認とひとまずのお礼、これからよろしくといった挨拶でシンプルに決めるのがおすすめです。

初っ端から好きだ付き合いたいと、がつがつ行ってしまうと相手に確実に引かれることになるので、気持ちを落ち着けてスマートな振る舞いを心がけます。

 

恋愛感情があるかどうかはさておき、相手の方にも縁を大切にしたいという気持ちがあるなら、こちらこそよろしくというメールが確実に返ってきます。

音沙汰がないようならきっぱり諦めることも必要になりますが、返信メールを受け取れたなら、アタックしていくだけの意味があると考えて間違いはありません。

 

返ってきた相手のメールが質問系のときは、しばらく話に付き合えるというサインですので、少しやり取りを続けてみるといいでしょう。

そんな一回目のメールの中で、既に次に会う約束を取り付けてしまうのがベストですが、それが無理だった場合には週末や休日を狙って、食事でも一緒にどうかと誘ってみるのがお付き合いのコツです。

 

相手も食事に乗り気で、スムーズに再会を果たせたという時は、正直に気持ちを伝えてしまって、お付き合いをお願いしてみても構いません。

好意の矢印を見逃さず、脈があるようならどんどんぶつかっていくのが、彼女を作るコツとなるのです。