料理教室で女性と仲良くなる方法

若い男性が講師の料理教室が意外と良いです

ilm16_aa02028-s

女性の得意分野である料理教室が非常に狙い目です。

特に若い女性であれば講師の先生が男性で若い教室に多く参加します。

 

女性限定とはなっていませんので男性が入っても大丈夫な教室を探します。

多くの女性は先生に憧れるというパターンが多いのですが、その中で料理が下手でちょっと駄目な感じの男性として参加しましょう。

同じ目的で料理を作ることで仲間意識も生まれますし、素材の調理の仕方や器具の使い方など壁を感じることなく自然に話しかけられます。

女性も優しく使い方や調理の仕方をアドバイスをしてくれるでしょう。

料理が出来る男を見せるよりも、ちょっと料理に関しては頼りない感じの方が母性本能をくすぐる事ができます。

料理教室での勉強を通じて女子会などがあれば世話役という感じで参加できる可能性も出て来ます。

 

毎回の教室の時間では、料理以外のことも話しながら楽しいひと時を過ごしますので親しくなりやすいです。

なるべくさわやかな男性を演じる必要はありますが、女性をたてて料理が上手い事をしっかり褒めてあげる事で喜んでもらえますし、「今度やり方を教えてください!」的な話にも発展できます。

 

しかし講師の先生に惚れているような聞く耳を持たない女性は思うように構ってくれませんので、こちらも相手にするのは辞めた方が無難です。

どちらかというと自分よりも年齢が1つでも2つでも年上の女性の方が気を使ってくれる傾向はあります。

料理教室に参加して女性と親睦を深めてみませんか。

 

女性と知り合える習い事のダントツはやはり料理教室

 

女性と親しくなれる習い事の条件としては、まず女性が男性に比べて多いもの、そして単独で何か習うのではなく一緒に作業できたり教えてもらう事ができるものがベストです。

1人で何かするものも話をする機会は増えますが、一緒に作業できるものだとごく自然に話すようになるので特に奥手の男性にはお勧めです。

女性と親しくなれる一番良い習い事はやはり料理教室です。

特に数人が一緒になって料理を作る教室では、自然に会話もはずむ上、料理は女性の方が上手な事が多いので色々教えてもらう事ができます。

会話ベタの男性にも向いています。

また料理が上手な男性は女性から高い評価を受けるので、教室で好みの女性と知り合えない場合でも、その他の場でモテる可能性が高くなります。

料理のなかでもスィーツ作りなどは特に男性が少ない分野で、甘いものが好きな男性には向いています。ケーキだけではなく和菓子教室などもあります。
ただし甘いものが嫌いなのに女性が多いからという理由だけで通ってはいけません。

いかにも女性と知り合いたいから来ているという態度が透けて見えて、女性に引かれてしまいます。

自分の興味のある分野、もしくは必要だから習い始めたというスタンスが大切です。

 

生け花なども女性が多い上、花が好きなしとやかな女性と知り合いになる事ができます。

最近は男性の華道家も増えており、男性の感性を生かした生け花は教室でも注目を集める集められるかもしれません。

また一緒に華道展などに出かける事もできます。

習い事を始める前に、その教室に通っている女性の年代や層なども調べておくと良いですね。